Screen Shot 2016-09-25 at 9.34.12 PM.png

CLARK LITTLE

Award-winning photographer Clark Little was born in Napa, California in 1968. Two years later, a move to the North Shore of Oahu (Hawaii) dramatically changed his future. In the 80’s and 90’s he made his name as a pioneer of surfing at the Waimea Bay shorebreak. Clark had a unique talent for taking off on hopeless closeout shorebreak waves and surviving in one piece.

クラーク・リトルは1968年カリフォルニア州ナパで生まれ、その2年後に父親の仕事でハワイ州ノースショアに移住した。
1980~90年代にかけて地元ワイメアベイで、危険なショアブレイクサーフィンのパイオニアとしてその名と才能を轟かせた。
転機が訪れたのは2007年、クラークの妻がベッドルームに海の写真が飾りたいとクラークに頼んだことが始まりだった。
彼はそのサーフィンの技術と経験、何より海への情熱でカメラを手にすることを決め、美しく、そして力強いハワイのショアブレイクを撮り始めた。

ClarkLittle.com